ぽのブログ

顕在意識が認めてない”自由な自分”。

ある講座の音声を聴いていて気づいた思い込み。

『もっと自由に振舞わなきゃ!』 

『もっと自由に楽しくならなきゃ!!』

気づいた瞬間、自分でちょっとギョッとした。

一体、どんだけ”自由な自分”の理想を思い描いているんだ。。

『〇〇じゃなきゃっ』て、思ってしまうには理由があって

無意識に、自分のなりたい理想の自分を基準に置いてそれと常に比較している。

だから、ある意味、”今の自分じゃダメ”と否定していることになる。

今のわたしにあてはまると、『今のわたしは全然自由じゃないから、もっと自由にならなきゃ〜』と、自分に叱咤激励していることになる。

いや〜、でも、本当のところ、今のわたし、かなり自由です。(笑

ご飯、家事はほとんど旦那がやってるし(気が向いたらやります。)
今日も朝、一番遅くに起きたし
気の向くまま仕事をしたり、雑事をこなしたり、、

おそらく普通の家庭のお母さんでは想像できない自由さを手に入れているはず。

これが普通になりすぎちゃって、それが”自由”とは感じなくなってたらしい。。

認識とは恐ろしい。
まだまだ昔の自分の思考パターンのクセを引きずっちゃってるね。

(あ、ちなみに、頭で思ってることと、心で思ってることってズレてることが多いです。あと、顕在意識っていうのは、思考(頭)部分の使っている意識のことです。)

もし、よく『〇〇じゃなきゃっ』って思って自分を叱咤激励しがちな人は
自分の今ある状況が当たり前を思いすぎて、自分を無意識に否定しがちだから
自分がやれてることとか、できてることを一個ずつ書き出して
自分の頑張りを認めてあげると、気持ち的に少しずつ満たされますよ。

わたしも今ある自分の自由さを認めて、もっと自由を楽しめちゃう人になろ〜☆

ABOUT ME
pono
一悟術リーダー(2級)、感情カウンセラー 1980年・大阪府生まれ。神奈川県在住。 自営業の父、専業主婦の母、4姉妹の末っ子として育つ。 現在は、夫、娘とともに、自由気ままなライフスタイルを実践&満喫中。さらなる自分らしく楽しい生き方を実現するべく、神奈川県三浦市へ移住。