プロフィール

はじめての方へ

こんにちは。ぽのセラピー主宰者・ぽのです。

畑に囲まれた自宅で夫と子供と家族3人でのんびり生活しながら、リーディングやカウンセリングの個人セッションをやっています。

セッションでは、つい「自分なんかダメだ」と思ってしまいがちな方が、そのままの自分でラクに人生を生きられるようサポートさせてもらってます。

対面と電話でのセッションのほかに、『子育て、パートナーシップ、仕事』がそのままの自分でラクにうまくいくためのお話し会を不定期に開催。

今は夫と娘とともに、自然豊かな場所でほっこりのんびり心穏やかな生活を送っていますが、過去を振り返れば、わたし自身『自分なんかダメだ!』という思いに苛まれながら、長い間、息苦しさと生きづらさを抱えて生きてきました。

小さな頃は、4姉妹の末っ子でマイペースかつ我が強く、自由奔放に育ちました。けれど、入った幼稚園が規律に厳しい幼稚園で自分がやりたくなくてもやらなきゃいけない活動ごとが多く、私の性格が災いし園生活に全く馴染めず…先生たちからいつもどこか”扱いづらい子供”として扱われていました。

そんな雰囲気をなんとなく察してた私は園生活のイヤさも相まって「幼稚園に行きたくない!」と家のトイレに閉じこもって不登園するほど。そんな感じだったので、子供ながらいつもうっすら「私ってダメな子なのかな…」と思ってました。

それでも、小学校は中学年ぐらいまではほどほどに楽しくマイペースに学校生活を送っていました。

けれど、小学校高学年の時に環境が一変。両親の不和が決定的になり離婚はしないが完全別居状態になって父親が家に帰ってくることがほとんどなくなりました。また、私自身は仲が悪かった女子からいじめに合うようなるなど人生に暗闇が広がり始めました。

いじめに関しては、はじめは一人でやり返していたものの長引くにつれどんどん心が疲弊していき、勇気を振り絞って相談した母親や担任にはまともに話を聞いてもらえず、味方になってくれる友達もおらず、心が折れてしまい人間不信に陥りました。

この時の体験が元で、その後、人付き合いが苦手になり、次第に人目や周りからの評価を気にしてはいつも「どう思われてるのか」とネガティブに考えることが多くなりました。

また、父親との別居の後から母親から必要以上に干渉を受けるようになり(特に学校の成績について)関係性がどんどんこじれていきました。

家の中にも、外の世界にどこにも居場所がない感覚。
親からは認めてもらえない劣等感。
自分に対する自信のなさ。
自分なりに頑張っても頑張っても思うような結果が得られない苦しさやもどかしさ。

次第に「こんな自分ではダメだ」と強い自己否定感に苛まれ、いつもどこか息苦しく生きづらさを感じながら生きていました。

そんな自分や日常を変えようと、22歳の時に単身、ニュージーランドに渡りました。もともと英語力を身につけたかったこと、英語の仕事につきたかったこともありいろんなことにどんどんチャレンジしていきました。約2年間の滞在生活で自分自身が良いように変わり自信がついたようにも思いました。けれど、帰国後、結局は根本的に何も変わっていなかった自分を目の当たりにし、『自分を根本から変える』必要性に気付いてその方法を模索するようになります。

「どうしたら根本から自分を変えられるのか?」わからないまま悶々と日々を送っていた頃今の主人と出会い、コーチングや心理系セミナーなどを知り勉強するようになります。けれど、わたしが求めていた『自分を根本から変える』ようなしっくりいく感覚はいつまで経っても得られないまま、またしてもモヤモヤした日々を送っていました。

ある時、主人との共通の知人と再会したことがきっかけで一悟術と出会います。その時はちょうど娘を妊娠中で、『バーストラウマ・インナーチャイルド』という言葉にピンと感じるところがありヒーリングとかはよくわからなかったけれど受けてみることにしました。

劇的に何かが変わったわけではありませんでしが、長年、自分に陰のように重くのしかかっていたものが徐々に軽くなり息苦しさや生きづらさが緩まり楽しさが自分の中から出てくるようになりました。

しかし、今度は感情のアップダウンに悩まされるようになりました。
当時、子供が一番手のかかる時期で、感情的になって子どもや夫に怒ってしまうをよく繰り返すことを思い悩んでいました。自分なりにできることはいろいろやっていましたが、結局、イライラが積み重なるとどこかでドッカーン!と爆発。こんな自分がイヤで自分を責めたり自己嫌悪に陥ったりしていつも気持ちがしんどくなっていました。

その悩みを改善するためにコーチングや一悟術のリーディングを受けたりしていました。そのおかげもあって、自分自身の様子を俯瞰する癖がつき、これが怒鳴って怒るのをやめたくてもやめられないループから抜け出すのに非常に役立ちました。

自分自身の改善を模索する中で、怒鳴ってしまう原因がインナーチャイルドにあること。私自身、自分が思っていた以上にインナーチャイルドによる傷が深くどれだけ自分が傷ついているのかがわかり、そこから自分の傷になっているインナーチャイルドを癒す作業を繰り返していくうちに、感情のアップダウンや人目を気にするクセが和らいでいき「そのままの自分でいい」と思える感覚がどんどん広がっていきラクなっていきました。

そういった経緯から、『自分の経験が誰かの役に立つんじゃないか?』と思うようになり一悟術のリーダーとして2011年から活動するようになりました。
2019年には感情カウンセラーの資格を取得し、現在、リーディングと並行してカウンセリングも行っています。

また同じ年に、長年住み慣れた関西から心機一転自然溢れる三浦半島へ家族で移住し、新たな人生の幕開けとなりました。

三浦に移住してきて感じること。

畑に囲まれた場所に暮らして、海が近く、自然そのものがものすごく身近になり、毎日ありのままの風景を見せてくれる自然から「そのままの自分でいい」ということをより受け取れるようになり、以前よりもっと自然体のラクな自分で生きれるようになりました。

ご相談に来られるクライアントさんをみていても、昔の私がそうであったように、「こんな自分ではダメだからもっとか頑張らなくては」という強い自己否定に苛まれ、自分を頑張らせすぎて心が疲弊しているのにそれでも尚頑張ろうとして、人生が本当に息苦しく生きづらいものになっていらっしゃいます。

そのままの自分で少しでも人生をラクに生きていけるようになるには、まずは『本当は自分自身が一番傷ついている』ということに少しでも気づいてそのことを認めていくことが大切なことだと、日々実感します。

確かに過去しんどく苦しい思いを抱えている時はとても辛かったですが、あのときに「自分が本当は傷ついているんだ」気づいたからこそ心の傷を癒すことができ、今の自分の人生に辿り着けてたと感じています。

私がこのHPを通して発信していくことやリーディング・カウンセリングで、以前の私のように、わたし自身『自分なんかダメだ!』という思いに苛まれながら、息苦しさと生きづらさを常に抱えている人が、そのままの自分でなんの気負いもなくラクに人生を楽しく生きれるようなっていかれるのであればこれほど嬉しいことはありません。

このHPを通して繋がっていく方とのご縁が広がって、私自身もさらに楽しく充実した人生の時間を過ごすことできたら本当に豊かだな、と感じています。



<経歴>

2011年 幼少期のトラウマであるインナーチャイルドの影響を改善するための一悟術リーディングの個人セッションをはじる。

2019年 感情カウンセラー初級認定

2020年 感情カウンセラー中級認定・取得中
     エキサイトお悩み相談室 カウンセラー登録

9年間の相談支援歴の中、セラピスト、コーチ、建築士、メイクアップアーチスト、看護士、会計士、教師、主婦、会社員、自営業などさまざまな職種の方とご縁を頂きセッション提供を行う。

現在、エキサイトお悩み相談室のカウンセラーとしても活躍中。


<資格>

一悟術リーダー 1級
感情カウンセラー

<趣味>
  • まったりお茶
  • 問題分析
  • 自己探求

<特技>
  • 面白いこと発見
  • なんでも楽しめる
  • ダラダラすること

ABOUT ME
pono
一悟術リーダー(1級)、感情カウンセラー 1980年・大阪府生まれ。神奈川県在住。 自営業の父、専業主婦の母、4姉妹の末っ子として育つ。 現在は、夫、娘とともに、自由気ままなライフスタイルを実践&満喫中。さらなる自分らしく楽しい生き方を実現するべく、神奈川県三浦市へ移住。