リーディングブログ

手を抜くことで得られる意外な効果。

「手を抜く」って聞くと、あんまり良いイメージがしない人も多いのでは?

確かに、意味を調べてみても

・いいかげんにすます
・怠る
・手数を省く

って、感じでちゃんとしてない感じがするよね。

でも、案外自分らしく幸せに生きている人たちって
「手を抜く」のが上手な人たちが多いのです。

というのは、

(自分は)今何がしたくて、何をしたくないのか。
(自分にとって)今何をするとプラスで、何をするとマイナスなのか。

全ての視点は、『自分は(にとって)どうなのか。』という思考だから
そのとき自分がやりたいと思わなければ、決まってるルーティーンも平気で変えるし、
自分にとってマイナスだと思ったら、例え家事が溜まってたとしてもやらない。


要は『自分優先主義』なのだ。

これって、裏を返せば自己肯定感が高いとも言える。

家の用事が多少できてなくったって、ゴロゴロしちゃったって
ダラけてる自分だって
それが自分がいいと思えれば、必要なら、やればいいじゃん。

そういう精神、考え方の持ち主。

もし、今よりも自分らしくハッピーに毎日過ごしていきたいなら
毎日ちょっとずつ「手を抜く」ってことを覚えてみるよいいよ。


けれど、手を抜くことをやってみて

・ものすごく罪悪感が湧く
・「こんなことをしている自分はダメだ!」という自己否定が出てくる
・ちゃんとやってない自分がなんだか許せなくなる


そんな気持ちに苦しめられたり、しんどくなる場合
それは「ねば・ならない」の思考に支配されていることを疑ったほうがいいかも。

それは、インナーチャイルドの影響でできたネガティブな思い込みや思考パターンに随分縛られている可能性が高いので、一悟術リーディングのインナーチャイルドリーディングで改善することをオススメするよ。

改善がすすむと
自分をしんどくさせたり、否定的に感じたりすることが減って、自己肯定感が上がって気持ちに余裕が出て日々の生活に幸せ感を感じやすくなるし
罪悪感を感じることも随分減るから、自分のやりたいことをスムーズにやれるようになってくる。

今の自分からもうワンランクアップした自由や楽しさ、幸せを得たい人には本当にオススメです。

ABOUT ME
pono
一悟術リーダー(1級)、感情カウンセラー 1980年・大阪府生まれ。神奈川県在住。 自営業の父、専業主婦の母、4姉妹の末っ子として育つ。 現在は、夫、娘とともに、自由気ままなライフスタイルを実践&満喫中。さらなる自分らしく楽しい生き方を実現するべく、神奈川県三浦市へ移住。