リーディング情報

『マインドチェンジ/脱ぎ捨てる』〜ぽのの勝手気ままにマンスリーリーディング☆2020年6月版〜

6月のキーワード:『マインドチェンジ/脱ぎ捨てる』

新たな時代が始まり(with コロナ)あらためて世の中がスタートを切りました。

世の中の流れは大きく変わりつつある今、コロナ前と同じ意識で過ごしていませんか?

さて、6月は「意識の状態」を新しい時代にfixさせるための取り組みが重要になってきます。

なのでキーワードは『マインドチェンジ/脱ぎ捨てる』となります。

新しい時代にあった自分の意識に変えていく必要性を意味するマインドチェンジ。

新しい時代に合わなくなった自分の心身の身の回りにあるものを手放すことを意味する脱ぎ捨てる。

6月の流れの特徴 

6月の流れの特徴は、例えるなら増水した濁流が勢いをつけてたんたんと一定方向に流れていくようなイメージ。

ある意味、この流れの圧力が強く違う場所へ泳いで移動しようと思っても流れには逆らい難いことを意味します。

もし、人生において大きく変化を起こしたいのであれば、6月中に変わりたい方向への大きなアクションをとっておきましょう。

この6月で今後の人生の方向性が概ね決まると予想されるので、7月以降は、今の人生から大きく変化を起こすアクションを取ることがかなり難しくなりそうです。

また、濁流の中には普段は川底に沈んているようなゴミ、もぎ取られてしまったような木々などさまざまなものが含まれそれが川の表面に浮上して全部いっしょくたに流されています。

これは、普段は潜在意識化に沈んでいて気付いていない・忘れさってしまっていたようなことが自分の意識に上りやすく、自分自身が気づかないうちにそれに翻弄されやすくなることを意味します。

また、社会活動が再開されたとはいえやはり社会情勢が不透明に変わりはなく、不安定さの影響を受ける分、心理的にも不安定になりやすいでしょう。

この6月を乗り切っていくポイントは『脱ぎ捨てる』

自分らしく生きたいけれど、まだ何も行動を起こせていない人にとって、意識改革(マインドチェンジ)が急務な月となります。

先ほども書きましたが、とにかく6月中に変わりたい方向への大きなアクションをとっておきましょう。

変わった自分を想像してみて、その自分にとって必要がなさそうだと感じるものは少しでも手放していきましょう。

ポイントは心身の回りです。

心回りだと、自分にとって当たり前になっている価値観、考え方、常識、固定観念など。

身の回りだと、衣類・靴・鞄、家具類などでしょうか。

身の回りのものを整理するのはやりやすいですが、心回りは自分でやろうとするとなかなか難しいところもあるので

素早く整理して手放したい方は、一悟術リーディングがオススメです。

リーディングメルマガでも、6月の乗り切るためのリーディング情報を毎日配信してますので、こちらもよければご活用ください。

https://ponotherapy.info/information-ponoreading365/
ABOUT ME
pono
一悟術リーダー(1級)、感情カウンセラー 1980年・大阪府生まれ。神奈川県在住。 自営業の父、専業主婦の母、4姉妹の末っ子として育つ。 現在は、夫、娘とともに、自由気ままなライフスタイルを実践&満喫中。さらなる自分らしく楽しい生き方を実現するべく、神奈川県三浦市へ移住。